2014/10/17

ヨガは、きれいなオバサンになるための必須科目

こんにちはKiyomiです。


私は仕事の合間を見つけては、せっせとスポーツクラブに通っています。

と言っても、もっぱらヨガのクラスだ。


以前はエアロビクスもやっていたが、ダンス風の振りについていけず、

自分のリズム感のなさに絶望した。


あげくの果て、シューズの底が抜けてしまい履けなくなってしまったのだ。

以来、エアロビクスに行くことはなくなった。


その点、ヨガなら素足で出来るのでもってこいだ。

幸いな事に、オシャレなヨガウェアを着ている人もいないので、

ダサいTシャツにジャージパンツでへっちゃらなのだ。

おまけに・・・ノーメイクでも気にしな--い^^


そんなこんなでヨガを始めてもう6年になるだろうか。

超硬かった私の体も、少しは柔らかくなったはずだ。


片足立ちポーズなんて楽勝になった。

英雄のポーズだって何のその!

決して動じない。成果バッチリである。


エキゾチックな音楽のかかる部屋で、自分の呼吸とポーズだけを意識する。

わずか1時間だが、充実した自分だけの時間だ。

汗が滴り落ちるキツいヨガポーズをやりきった時は、

何とも言えない爽快感がある。


スポーツクラブから自分の部屋へ帰る時にいつも思う。

『今日も無事にヨガに来られて良かった』と・・


ヨガは元気でいるための必須科目である事は間違いない。

あと・・きれいなオバサンになるための(^^;