2015/10/07

今日は日銀金融政策決定会合の結果公表と黒田総裁の定例記者会見が注目を集めています。

今日は日銀金融政策決定会合の結果公表と黒田総裁の定例記者会見が注目を集めています。

こんにちは、Kiyomiです。



しばらくブログを放置していたらFC2広告が出ていたので更新しなきゃと焦りました。

トレードは先週金曜日の米国雇用統計の上下から窮屈なレンジ相場になっています。

昨日はユーロがレジスタンスを抜けたので大きめに買いました。



さあ、今日の日銀金融政策決定会合の結果公表と黒田総裁の定例記者会見は

どんな発言が出るのか興味があります。

再度の緩和期待が残るものの、据え置きが市場の規定路線。

市場は、ほぼ織り込み済みです。



今回は追加緩和の見送りも織り込まれましたが、次回に繋がる発言が無いと

失望感から大きく下落する可能性もあると思います。



それに加え指標の悪化した雇用統計からFOMC利上げは遠のいたと見られていますが、

今日になりウィリアムズ連銀総裁が2015年内の利上げを示唆、

「FRB史上でも最も穏やかな利上げとなるだろう」と発言しました。

これもドルの下支えになり得るため黒田総裁の会見で失望感が出ても、

市場の振れは限定的となるのではないでしょうか。





オリジナルFX手法を公開しています。

KiyomiのシンプルトレードFX



スポンサーサイト

     

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。