2014/10/24

銀行員の結婚のあるある


男性の銀行員は結婚が早い。

そしてだいたい女性が年上。年齢でいったら、

男性は26歳前後で女性は30歳前後。


あれ、いったいなんなんでしょう。でも、若い人だけじゃなくて、

上司も「嫁さんは年上で…」っていうひと、

本当に多いんですよね。


しかも、ご多分もれずに社内結婚。

窓口の女性と法人営業が結婚するってパターンです。


昔、同じ支店の女性の先輩が社内結婚をしました。

その時に「結婚しようって思った決め手はなんですか」って

聞いたことがあります。

その時「銀行員だから結婚したのよ」ってさらっと言っていて、

なんだか銀行員妻の内面を垣間見たような気がしました。


みんなが結婚したいような男の若い芽が早々に駆られていくと、

30歳すぎたら銀行員でいい男なんて…いない。

いたとしても既婚者・いずれは独立して起業したいとか

転職したい…とか言ってるやつなので

「いやいや、今のこのご時世転職とか無理っしょ!」と

考えがちな銀行員女性には受け入れられないんですねぇ。
 

じゃあ、銀行員の女性はどうなのか。これがまぁ売れ残る。

業務内容上、性格もきつくなっていくのを一緒に働いていると肌で感じます。

「お局となっていく過程」を人類の進化さながらに感じるわけです。

しかもみんな顔面偏差値は高い人ばかりだから、ますますめんどくさい。

そりゃあ売れ残るわけだ。
 

人生なにをするにも節目にはお金お金…人の節目にふれることが多い銀行。

窓口にいらっしゃるお客様は・・・

お互いに話したくないから銀行員を通じてしか会話をしない離婚した元夫婦や

口座残高が0円なのに毎月お金が入ってくると言って

毎日やってくる認知症のおばぁちゃん。


ギャンブルでつくった借金に困っているから1000円でもいいから貸してくれと

涙ながらに訴えてくる自分のお父さんのような年齢の男性から、

自分の会社を起業したいから融資してほしいと

生き生きしている人まで本当にさまざま。


お客様の人生の節目にふれることで、銀行員は自分の人生を思い、

結婚を考えていく。

その姿はまさに人の振り見て我が振り直せ。


他人の人生の節目を見すぎているからこそ、

早々に結婚してしまう男性やいつまでも結婚できない女性たち。

その対極した姿はなんだか、

現代の結婚観の縮図を表しているような気がします。






     

コメント

非公開コメント

ほんとにその通りです

30すぎて結婚もできません
ちょっといいなと思う法人の年下男子と話してるだけでお局からマーク

合コンにいっても銀行員女はもてない

かなしい

男だったらもててるのになぁと

ついには心の病になりました