--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

     

2014/11/29

FXとは為替取引です。その為替市場を改めて考えてみます。


FXとは外国為替証拠金取引のことです。


証拠金取引云々のリスク解説は置いときまして、

為替取引とは世界の出来高さえ正確に把握できていない程の

非常に大きな市場です。


為替市場の1日の出来高は3兆2000億ドル超と推計されています。

単純計算して300兆円です。


GDP世界第3位の日本国家予算が90兆円前後なので

その圧倒的とも思える規模の大きさが想像できると思います。


では、例えば東京証券取引所みたいな為替取引所は

あるのですか?


正確にはありません。


為替取引を総合的に集約する取引所は存在しません。


※これも諸説あります。


そして特筆すべき特徴は、3兆ドルと見られる為替出来高のうち、

実需とみられる取引は僅か10%下と推測されている点です。

残りの90%以上は投機筋と見られています。


本来、為替取引というものは投機のためのものではなく目的は両替です。

ドル建て資産を円に両替したり、海外旅行のおこずかいを円からドルに両替するなど。

その為替取引は全体の10%下となるほど為替は投機のターゲットとされています。


この話をするだけで、一冊の本ができあがる位に膨大な資料や諸説があります。

詳しくはご自身で調べてみてください。


ここで考えたいのは、私たち個人投資家が太刀打ちできないほどの

大きな市場であるという認識だけは再確認して欲しいといことです。


その市場から、

巨大なマーケットから僅かな差益を(言葉は悪いですが)掠め取るのがFXです。




     

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。