2015/04/28

久し振りのブログ更新。

久し振りのブログ更新です。


今月10日夜に頭がクラクラして倒れてしまいまいました。



そのまま朝まで寝た後、製薬会社に勤めている友人にメールして

状況を伝え、「何でもいいから薬を買ってきて」とお願いしました。



すぐに来てくれたのはいいけど、

毎日の食事や生活について根掘り葉掘り聞かれ、

『あんた、それ現代型栄養失調よ!』と言われてしまいました。



「はぁ?栄養失調?ちゃんと食事してますけど!」

と反論しても相手は専門家なので無駄、

脳内のブドウ糖が不足して低血糖状態になるという。

その状態で脳をフル回転させるとクラクラして倒れてしまうらしい。



『脳細胞が死ぬのよ、いいの?』

「それは困ります。」

『じゃあ、きっちり食事改善だからね!』



厳しいアドバイスを受け、

コーヒーだけで済ましていた朝食が、

最近は納豆ご飯と味噌汁に変わりました。





ここ最近ユーロが反発しています。

未だ燻るギリシャ問題の次の焦点はは5月11日のユーロ圏財務相会議。

ギリシャが明確な財務改善案を示さないと

12日に迫る7億ユーロ返済(IMF)が絶望的となります。

最善の解決策は議会で財務改革案の承認を受けること。

最悪のケースとして考えられていたデフォルトは、

もう目前に迫っています。そしてユーロ脱退。


チプラス政権はロシア・中国に支援を求める考えを持っている様ですが、

地政学的にも戦略的にもユーロ各国の反発を招くのは必至。

ギリシャとその最大の債権国ドイツの関係もギクシャクしています。

ナチス占領時代にギリシャがドイツに強要された融資や、戦後補償を

ギリシャ会計監査院が試算、

2790億ユーロ(約36兆円)をドイツに賠償を求める方針でいるそうです。

認められなければギリシャ国内にあるドイツ資産を凍結するという強気姿勢。

ドイツは1960年に1億1500万ドイツマルクの支払いを行い戦後の

賠償問題は政治的・法的に完全解決したと主張しています。



英ブックメーカーでは賭けの対象にすらならないほど、

デフォルト予想のオッズが低いみたいです。



ギリシャ問題はどんな結末が待っているのでしょうか?

2年前、米国もギリギリで議会の承認が得られデフォルトを回避したニュースが

まだ記憶に新しいですけど、あんなのは出来レース。

今回は本当にデフォルトが見る事になるかもしれません。





オリジナルFX手法を公開しています。

KiyomiのシンプルトレードFX



     

コメント

非公開コメント