--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

     

2015/06/23

基本的に通貨の価値は市場で自由に決められるもの


先日ドイツのエルマウで開催されていた2015年G7が閉会しました。

G7とは先進7か国とされるアメリカ、イギリス、ドイツ、

日本、フランス、イタリア、カナダの7つの先進国のこと。

来年2016年は日本での開催、 開催地に三重県の伊勢志摩地域を指名されました。


このG7では財務大臣・中央銀行総裁会議・国際通貨基金の総会なども

併せて開催される時もある。

最も有名なのはドル高是正に動いたプラザ合意(1985)。

この合意はG5で開催され、アメリカ、西ドイツ、フランス、イギリス、日本の5カ国で決定された。



先進国とされる国の通貨は流動性の高さからメジャー通貨と呼ばれ、

日本円、米ドル、ユーロ、英ポンドの4通貨で構成されている。

この4通貨体制は2000年にドイツマルクとフランスフランが

ユーロに統合されて以来15年間続いている。


このメジャー通貨の構成は5年ごとに見直されるらしいが、

今年行われる見直しで人民元をメジャー通貨に採用させようと中国が働きかけている。

めざすのは、国際通貨基金(IMF)に認められるメジャーへの仲間入り。


今回のG7でも話題に上がるか興味ありましたが、

岩礁埋め立てへの批判が出ただけで、通貨の話題は無かったみたいですね。


李克強首相は3月に訪中したIMFのラガルド専務理事に対して

「世界の金融安定に参加したい」と要望したらしい。

これは中国が主導するアジアインフラ投資銀行(AIIB)に

50以上の国・地域を集めた実績もあり、

人民元を国際的に認められたメジャー通貨にしようとする表れだと思います。


また、IMFへの出資額に応じて、いざという時に資金を引き出せる

SDR(特別引き出し権)が認められるなど、

通貨危機が起きた時にも混乱が広がらないようにヘッジされている。


しかしメジャー通貨は完全な変動相場制だが、

人民元は管理変動相場制をとっているため、

中国政府当局により設定された範囲内でしか為替は変動しない。

人民元は2010年6月まで米ドルに対してペッグしていたが、現在は管理変動相場制に移行。

変動相場制としつつも、人民元の変動幅を2014年は2%以内に管理している。


そして人民元の市場がCNH(オフショア)とCNY(オンショア)に別れているなど、

中国は為替をなお厳格に規制しており

人民元の取引拡大への一定の足かせとなっている。


基本的に通貨の価値は市場で自由に決められるもの。

人民元相場を操作していた中国がその先に見ているのは

AIIBの決済を基軸通貨ドルから人民元にするための準備だと思います。


既に囁かれているのは人民元がメジャー通貨として完全に自由取引となった場合、

これまでの歪みが大きなうねりとなると思います。

大方の予想ではドル安人民元高へ一気に動くのではという見方です。

その時が来れば、為替相場に大きな流れを作る事となるでしょうね。




オリジナルFX手法を公開しています。

KiyomiのシンプルトレードFX




     

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。