2015/06/30

週明けの東京株式市場は一気にリスクオフに向かいました。

週明けの東京株式市場は一気にリスクオフに向かいました。


チプラス首相が発表した国民投票は法的拘束力は無いものの

ユーロ圏残留の可否を決定する事になると見られています。


そのタイミングで発表されたギリシャの銀行休業政策は最悪。

デフォルトからユーロ離脱に至るシナリオが現実味を帯びてきました。


金融システム停止で経済は麻痺します。

7月7日に銀行再開は既に公表されていますが、

国民の不安を煽り資金流出となる恐れも指摘されています。



過去には1930年代の世界恐慌時、

米国もバンク・ホリデーを4日間行ったが、その間に緊急銀行救済法を成立させ、

預金保護の姿勢を明確にしてパニックを防いだ様な対策が必要だと思います。


そもそも、なぜユーロはギリシャ救済に手を差し伸べているのでしょうか?

債務不履行が予想されながら財政緊縮策にも応じないギリシャを切り離し、

ユーロ離脱となれば逆にユーロ圏経済が安定すると思うのですが、


1999年のユーロ成立後、初の離脱となれば信頼が毀損され通貨ユーロや

EU地域統合体に不透明感を持たれる懸念でしょう。

地政学的にもギリシャがロシアや中国に救済を求めればEU圏としても無視できないリスクとなる。


29日に東京市場、上海市場に大きな影響を与えたギリシャ問題、

7月5日の国民投票の行方が気になります。



オリジナルFX手法を公開しています。

KiyomiのシンプルトレードFX



     

コメント

非公開コメント