2015/08/04

日本はギリシャになるのか?

おはようございます、Kiyomiです。

東京は朝から猛暑! 暑くて窓を開けれません。



ニュースでギリシャ財政問題を目にするたびに考えますが、

日本の財政赤字はGDP比でギリシャを大きく上回っています。



ギリシャのGDPは緊縮策により25%近くも減少し、

失業率も非常に高い状態が続いていますが、

基礎的財政収支(Primary balance/プライマリーバランス)は、

30億ユーロに改善されている。



財政面ではギリシャより悪化している日本が、なぜ経済危機に襲われないのか?

それは中央銀行(日銀)の存在です。

日本国など、国内に中央銀行を有する国は、

国債発行リスクを中央銀行が吸収できるため、政府の意思で国債発行を行えます。

広く認知されていますが、日本は海外からの借金が少なく、

国債の90%以上は国内にあります。



ギリシャ政府に厳しく緊縮策を突きつけたドイツ、

日本において、このドイツの存在は日本国民です。

最近のニュースでは新国立競技場サハ案が白紙撤回されました。

高騰する建設費用が問題になった時、安部首相は「このままでは世論がもたない」理由で

白紙撤回という結論を出しました。

そう、債権者の目が財政支出を厳しくチェックした結果です。



日本がギリシャの様な経済危機に襲われるのか?

答えはNOだと思います。



10年以上前に「東アジア統一通貨構想」が提言されていました。

もし仮に日本にEUのような統一通貨を採用され、

政府と日銀が自国の判断だけで国債を発行できないシステムなら、

簡単に破綻すると思いますけど。




オリジナルFX手法を公開しています。

KiyomiのシンプルトレードFX



     

コメント

非公開コメント