--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

     

2015/08/28

チャイナリスクのショック相場も落ち着きを取り戻した様子です

今朝の東京はすっきりしない空、

おはようございますKiyomiです。



昨日のNYマーケットをチェックすると、逃避先となる金は売られ

WTI原油先物は買い戻されています。



株式市場ではダウ平均は大幅続伸369ドル高の16654ドル、

ナスダックも115.17ポイント高の4812.71でした。



S&P500オプションの値動きに基づくVIXは1.89ポイント低下。

チャイナリスクのショック相場も落ち着きを取り戻した様子です。



先週からの中国経済の減速懸念によるショック相場で感じたのは、

中国の実態経済は政府の操作が入るため、

一体どこまで経済が悪化しているのか実態をつかむ事ができず、

人民元の引き下げや経済指数を信用できない、いわば疑心暗鬼が

投資家心理を圧迫していたのだと思います。



ショック相場になればサブプライムローン問題やリーマンショックの経験から

いったん取引を手控える、

そこにヘッジファンドの売買注文が入るとボラビリティが低下しているので

大きく乱高下しやすい。



現在、各国中央銀行が金融緩和で市場に大量のお金を流しているので

投機マネーが動きやすい環境、

ヘッジファンドはショック相場の機会を利用し、この時を逃さず大きく儲ける。



取引所では大量の売買注文を繰り返すアルゴリズムトレードがもはや主流で、

ショック相場では値が下がれば売りが売りを呼ぶ悪循環で加速します。



菅官房長官、黒田日銀総裁のコメントを注目していましたが、

日銀はすでに巨額のETF買い入れを続けていてもはや切るカードがない、

すでに金融緩和・官製相場での対応は、今や限られています。



そうなるとマーケットの自浄作用に期待するしかなく、

市場が落ち着きを取り戻すためには時間薬しかないと思います。

昨日のNY市場が転換となればいいのですが、

週末の動きが気になります。




オリジナルFX手法を公開しています。

KiyomiのシンプルトレードFX



     

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。